シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » 時事・社会, 自主調査レポート » 市民が捉える社会的課題に関する調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

市民が捉える社会的課題に関する調査


― 安心社会実現のための『五つの安心』、市民の支持は「老後と介護の安心」―

自社が保有する電話調査モニター世帯を対象に、「市民が捉える社会的課題」に関する調査を実施しました。

●調査対象:GF電話調査モニター世帯
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成21年7月7日(金) 18:00~20:40
●接続件数:3,241件
●有効回答件数:972件

<調査結果>
「五つの安心」の中で重視するものは?次世代の「教育」より自分の「老後」

安心社会実現会議がまとめた『安心と活力の日本へ』(2009 年6 月15 日)に記載されている『五つの安心』の中で、最も必要だと思うもの1 つだけ選んでもらいました。その結果、「老後と介護の安心」が45.0%と最も多い割合を示し、次いで、「安心して子供を産み育てる環境」(16.7%)の割合が多くなりました。反対に、「学びと教育に関する安心」(6.3%)が極端に低い割合を示す結果となりました。
年代別にみた場合には、80 代以上での「老後と介護の安心」(52.4%)が最も多い割合を示し、高齢者ほど「老後と介護の安心」に対する意識が高いことがわかりました。
年代別にみる安心できる生活への意識

政府・企業に求める対策、「食の安全・食料の確保」が33.3%で最多

「生活に身近な社会問題のうち、政府や企業の対策として重要なものは何だと思いますか?」と質問したところ、「食の安全・食料の確保」が33.3%と最も多い割合を示しました。近年の食品偽装問題の多発から、「食の安全」への関心が高まっていることが見て取れる結果となりました。
また、80 代以上でみた場合は、「高齢者・障害者に優しいバリアフリー化の推進」という回答が37.8%を示し、高齢層ほどその割合が多くなる傾向が見て取れました。
年代別にみる重要視する対策

  • Go To Top

  •