シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » IT・家電, 自主調査レポート » シニア世代における携帯電話の利用度調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア世代における携帯電話の利用度調査


― モバイルマーケティングが通用しない?インターネットを使わないシニア層―

自社が保有する電話調査モニター世帯を対象に、「携帯電話の利用」に関する調査を実施しました。

●調査対象:GF電話調査モニター世帯
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成21年6月12日(金) 19:00~20:30
●接続件数:4,006件
●有効回答件数:942件

<調査結果>
携帯電話の所有率8割未満、80代以上では56.2%

「ご自身の携帯電話をお持ちですか?」と質問したところ、「持っている」が78.8%となり、所有率が8 割を切る結果となりました。年代別でみた場合には、60 代での所有率(85.9%)が最も高く、70代(72.6%)、80代以上(56.2%)では低い所有率を示しました。

年代別にみる携帯電話の所有率

携帯電話でのインターネット利用、「全く使わない」が54.9%

携帯電話所有者にのみ、通話機能・メール機能・カメラ機能・インターネット機能の利用頻度について質問しました。その結果、通話機能の利用者が75.4%、メール利用者が65.1%、カメラ利用者が50.9%、インターネット利用者が15.3%となりました。また、インターネットを「全く使わない」という方が54.9%を占め、70 代~80 代以上においては「全く使わない」が7 割を超える結果となりました。

年代別にみるインターネット機能の利用頻度

  • Go To Top

  •