シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » 医療・健康, 自主調査レポート » シニア世代における医療と医薬品に関する調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア世代における医療と医薬品に関する調査


― 認知進むも処方経験少ない「ジェネリック医薬品」 ―

自社が保有するシニアデータベースを対象に、「医療と医薬品に関する調査」を実施しました。

●調査対象:1都3県に在住するGFシニアデータベース
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成22年6月1日(火) 19:00~20:30
●有効回答件数:313件

<調査結果>
市販用医薬品「ドラッグストアで購入」が36.4%、高齢層ほど利用率低い

市販用医薬品の購入場所について質問したところ、「ドラッグストア」(36.4%)が最も高い割合を示し、次いで、「薬局」(24.0%)、「大衆薬は購入しない」(17.9%)が高い数値を示しました。また、年代が高くなるにつれ、「ドラッグストア」の割合が減少傾向にあることが見て取れました。
性・年代別にみる市販用医薬品の購入場所

認知進むも処方経験少ない「ジェネリック医薬品」、高齢層ほど低い処方率

ジェネリック医薬品の処方経験については、「処方してもらったことがある」が27.2%、「処方してもらったことがない」が61.3%、「わからない、覚えていない」が11.5%となりました。ジェネリック医薬品について認知が進んでいるのに対し、処方経験が少ない状況が見て取れました。
また、年代が高くなるにつれ、処方率が低くなる傾向が見て取れました。
性・年代別にみるジェネリック医薬品の処方経験

  • Go To Top

  •