シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » 暮らし, 自主調査レポート » シニア・高齢者における自動車に関する調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア・高齢者における自動車に関する調査


― 運転頻度や実年齢によって、安全運転についての意識も変わる ―

自社が保有するシニアデータベースを対象に、「自動車普及率及び安全運転に関する意識調査」についての調査を実施しました。

●調査対象:全国に在住するGFシニアデータベース
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成23年2月16日(水) 18:00~19:00
●有効回答件数:523件

<調査結果>
年代別にみる購入の際の値段の目安は、60代の75.8%が200万円未満

「家庭で車を購入するとしたら値段の目安はいくらですか?」と質問したところ、40代以下は「200万円未満」が57.5%、「200万~300万円未満」が34.0%と高額な値段を目安としているのに対し、60代は「200万円未満」が75.8%、「200万~300万円未満」が15.7%と、ほかの年代と比べ低い金額を目安としていることがわかりました。
年代別にみる購入する際の値段の目安

年代別に見るハイブリッドカーを購入意向は40代以下が31.7%で最も高い

年代別にハイブリッドカーの購入意向をみると、40代以下は「是非購入したい」が31.7%、「やや購入したい」が56.1%と、ほかの年代と比べて購入意向が高いことがわかりました。
また、60代は「是非購入したい」は19.0%、「やや購入したい」は48.4%と、40代以下の次に購入意向が高いことがわかりました。
年代別にみるハイブリッドカーの購入意向

  • Go To Top

  •