シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » 自主調査レポート,  » シニア・高齢者世代の健康と飲料に関する調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア・高齢者世代の健康と飲料に関する調査


― 飲んで落ち着く飲み物は? 50~60代はコーヒーで、70代以上ではお茶! ―

自社が保有するシニアデータベースを対象に、「シニア・高齢者世代の健康と飲料」についての調査を実施しました。

●調査対象:東日本大震災の被災地(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、千葉県)を除く全国GFシニアデータベース
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成23年5月18日(水) 18:00~21:00
●有効回答件数:641件

<調査結果>
飲料別にみる飲用頻度、最も飲用頻度が高いのは「お茶類」で76.1%

飲料別に飲用頻度をみると、「よく飲む」と回答した割合は、「お茶類」(76.1%)が最も高く、次いで「コーヒー」(42.3%)となりました。
反対に、「全く飲まない」の項目でみると、「お茶類」(0.6%)が最も低く、多くの人は日常的にお茶類を飲んでいる様子がうかがえます。
飲料別にみる飲用頻度

リラックス時に飲む飲料、「お茶類」が42.1%でトップ、続いて「コーヒー」が38.8%

「リフレッシュしたい時や一息つきたい時に、最もよく飲む飲み物はなんですか?」と質問したところ、「お茶類」(42.1%)が最も高く、次いで「コーヒー」(38.8%)となりました。
年代別にみると、60代以下では「コーヒー」、70代以上では「お茶類」が最も高く、年代により差が見受けられました。
年代別にみるリラックスタイムに飲む飲料

  • Go To Top

  •