シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » IT・家電, 自主調査レポート » シニア・高齢者のIT利用と購買&生活意識調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア・高齢者のIT利用と購買&生活意識調査


― ネット利用で、さらに生活の充実度が上がる?!高齢者の生活意識とは ―

自社が保有するシニアデータベースを対象に、「シニア・高齢者のIT利用と購買&生活意識」についての調査を実施しました。

●調査対象:東日本大震災の被災地(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、千葉県)を除く全国GFシニアデータベース
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成23年6月5日(日) 10:00~12:00、16:00~19:00
●有効回答件数:1,392件

<調査結果>
インターネット利用度、PCは4割超えるも、携帯電話は14%に留まる

PCと、携帯電話でのインターネット利用度を比較してみると、PCのインターネット利用度では「よく利用する」(22.9%)+「たまに利用する」(18.5%)の『利用する』(計41.4%)が4割超となりました。
一方、携帯電話のインターネット利用度では「よく利用する」(5.2%)+「たまに利用する」(9.0%)の『利用する』(計14.2%)が1割半ばとなり、PCと携帯電話では27.2ポイントの差がみられました。
PC・携帯電話でのインターネット利用率

趣味への自己投資に関する自己評価、「やや使えていると思う」がほぼ4割

「ご自身の趣味にお金を使えていると思いますか?」と質問したところ、「使えていると思う(29.0%)」+「やや使えていると思う(38.6%)」の『使えていると思う』(計67.6%)が7割近くとなりました。
タイプ別にみる趣味への投資について

  • Go To Top

  •