シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » 医療・健康, 自主調査レポート » シニア・高齢者の健康と病気に関する調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア・高齢者の健康と病気に関する調査


― 独居老人の不安深刻化、「病気時に頼れる人がいない」高齢単身世帯で14.6% ―

自社が保有するシニアデータベースを対象に、「シニア・高齢者の健康と病気」についての調査を実施しました。

●調査対象:全国のGFシニアデータベース
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成23年7月12日(火) 18:30~19:30
●有効回答件数:588件

<調査結果>
不安に感じる病気、「脳疾患」64.3%、「がん」60.2%

病気にかかることへの不安について尋ねたところ、「脳疾患」への不安が64.3%と最も高い数値を示しました。
次いで、「がん」(60.2%)、「心疾患」(57.8%)、「認知症」(57.3%)などの病気へかかる不安が高くなっています。
また、「うつ病」(29.8%)への不安が3割と、他の病気に比べ低い値を示しました。
疾患別にみる病気への不安

自分が病気になったら?65歳以上単身世帯で「頼れる人がいない」が14.6%

「もし自分自身が病気になったとしたら、誰に頼りますか?」と質問したところ、「配偶者」(46.4%)が最も高い割合になりました。
世帯構成別でみると、「頼れる人がいない」の項目では、65歳以上単身世帯で14.6%、65歳以上夫婦のみ世帯で0.5%にとどまり、14.1ポイントの差がみられました。
これにより、単身世帯では頼れる人がいない割合が他よりも高くなっていることがわかります。
世帯構成別にみる病気になったときの頼り先

  • Go To Top

  •