シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » 時事・社会, 自主調査レポート » シニア・高齢者の敬老の日に関する調査2011

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア・高齢者の敬老の日に関する調査2011


― 祝う側は「感謝の気持ちを伝えたい」、祝われる側は80歳でも「抵抗がある」 ―

自社が保有するシニアデータベースを対象に、「シニア・高齢者の敬老の日」についての調査を実施しました。

●調査対象:全国のGFシニアデータベース
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成23年8月24日(水) 18:00~21:00
●有効回答件数:786件

<調査結果>
敬老の日をお祝いしている人は33.5%

「あなたは、敬老の日にどなたかをお祝いしていますか?」と質問したところ、「している」(33.5%)は3割程度にとどまりました。
また、年代別にみると、50代(50.5%)が最も高く、80代以上(18.9%)が最も低い割合を示し、年代が上がるにつれお祝いする割合が低くなることがわかります
年代別にみる敬老の日にお祝いしているか

貰って嬉しいプレゼントNO.1 は「一緒に食事をする」

敬老の日にお祝いをしてもらうと回答した人に対して、「敬老の日に貰って嬉しいプレゼントは何ですか?」と質問したところ、「一緒に食事をする」(33.6%)が最も高い割合を示しました。
また、男女別にみると、「食べ物やお酒」の項目では、女性(3.2%)に比べ男性(17.1%)が13.9ポイント高い割合を示しました。
逆に、「お花」の項目では、男性(3.4%)に比べ女性(14.5%)が11.1ポイント高い割合となりました。
男女別にみる貰って嬉しいプレゼント

  • Go To Top

  •