シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » 時事・社会, 自主調査レポート » シニア・高齢者の夫婦の絆に関する調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア・高齢者の夫婦の絆に関する調査


妻は夫としたくない「生まれ変わっても結婚したい」男女間で意識の差

自社が保有するシニアデータベースを対象に、11月22日のいい夫婦の日にちなんで、「シニア・高齢者の夫婦の絆」に関する調査を実施しました。

● 調査対象:全国に在住するGFシニアデータベース
● 調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
● 調査時期:平成23年10月5日(水) 18:00~21:00
● 有効回答件数:700件

<調査結果>

夫婦一緒にしている事柄、「夫婦で外食」が約8割

夫婦で一緒にしている事柄について質問したところ、全体で「夫婦での外食」(79.4%)が最も高い値を示しました。次いで、「夫婦での買い物」(77.9%)、「夫婦での旅行」(71.7%)、「夫婦での散歩やウォーキング」(45.0%)などと続きました。

シニア・高齢者の夫婦の絆に関する調査

「生まれ変わっても今の配偶者と結婚したい」男性に比べ女性低い

「もし生まれ変わるとしたら、もう一度配偶者と結婚したいと思いますか?」と質問したところ、 全体で『結婚したい』(“絶対結婚したい:19.1%”+“どちらかといえば結婚したい:48.7%”)が計67.8%、 『結婚したくない』(“どちらかといえば結婚したくない:25.9%”+“絶対結婚したくない:6.3%”)が計32.2%となりました。 男女別に比較すると、女性の『結婚したい』(計61.5%)に比べ、男性の『結婚したい』(計74.3%)が12.8 ポイント高い値を示しました。

シニア・高齢者の夫婦の絆に関する調査

  • Go To Top

  •