シニアマーケティングトップ » 自主調査レポート » IT・家電, 自主調査レポート » シニア世代の環境商品に関する意識調査

シニアデータベースへの自主調査レポート

シニア世代の環境商品に関する意識調査


― シニア世代で認知率低い「環境寄付型商品」―

自社が保有するモニター世帯を対象に、「環境と商品」について電話による意識調査を実施しました。

●調査対象:GF電話調査モニター世帯
●調査方法:アウトバウンドIVRによる電話調査
●調査時期:平成20年7月14日(月) 18:00~21:00
●接続件数:4,969件
●有効回答件数:1,983件

<調査結果>
シニア世代ほど「環境問題」への関心高い

「地球環境問題に関心がありますか?」と尋ねたところ、「非常に関心がある」が72.7%「少し関心がある」が26.2%となり、約99%の方が環境問題について感心を持っていることがわかりました。その中でも、60代~70代以上での関心度合いが高くなっていることが見て取れました。
環境問題について

環境保護の中でも家計状況を意識、節約を通した環境保護に関心高い

ご家庭での環境意識について、1番の関心事を尋ねたところ、「ゴミの削減」(25.0%)が最も多く、次いで、「電気・ガスの節約」(24.3%)、「リサイクル」(13.5%)という回答が多くなりました。単に「環境保護」をおこなうというよりも、節約を通した環境保護に関心が高いようです。
環境保護についての関心事

  • Go To Top

  •