シニアマーケティングトップ » シニア市場の特徴 » シニア・高齢者市場の特徴

シニア・高齢者市場の特徴

平成23年版高齢社会白書*1によると、65歳以上の高齢者人口は過去最高の2,958万人(前年2,901万人)で、男性は1,264万人、女性は1,693万人です。総人口に占める65歳以上人口の割合は23.1%(前年22.7%)と高齢化率が高まっており、・・・>>続きを読む

現代のシニアはライフスタイルが実に多様な世代で、60歳を過ぎてもビジネスマンとして第一線で活躍されている人もいれば、仕事はリタイヤし趣味に多くの 時間を費やしている人もいらっしゃいます。あるいは、・・・>>続きを読む

総務省が発表した平成22年度情報通信白書*3では、平成21年末のインターネット利用者数は、平成20年末より317万人増加して9,408万人(対前年比3.5%増)、人口普及率は78.0%(前年から2.7ポイント増)となっています。・・・>>続きを読む

GFでは、各種世論調査に継続して協力いただいた世帯をデーターベース化しており、この世帯に、住宅・投資・食に関連する生活に身近な商品・サービスに関する市場調査や、政治・経済・環境・社会貢献活動などの世論調査を随時行っています。>>続きを読む

GFが考えるシニア・高齢者市場攻略のポイント

国内の総人口が減少する中、人口構成比のうえで急増するシニア世代・高齢者市場の活性化が注力ターゲットとなるのは当然のことであり、この市場が内需活性化の一大要素といわれて久しくなります。しかし、人口数的に見れば巨大市場であるはずのシニア世代・高齢者市場をターゲットとした商品が、必ずしも成功しているわけではありません。>>続きを読む

日本広告業協会が2005年に実施した調査「今、シニアに広告は届いているか」によると、20歳代は「個」の観点すなわち自身との関係性から広告を見る傾向が強いのに対して、50・60歳代は社会性・公共性に係る表現に強く反応する傾向が強いとの結果が紹介されています。>>続きを読む

商品アイディアを考えるためのポイントとして、シニア・高齢者に好まれる代表的な要素『5つのS』を紹介します。 >>続きを読む

  • Go To Top

  •