シニアマーケティングトップ » シニア市場の特徴 » シニアデータベースについて

シニアデータベースについて

シニアデータベースについて

GFでは、各種世論調査に継続して協力いただいた世帯をデーターベース化しており、この世帯に、住宅・投資・食に関連する生活に身近な商品・サービスに関する市場調査や、政治・経済・環境・社会貢献活動などの世論調査を随時行っています。
最新調査レポートはこちら(2011年7月現在 47件)
又、このシニアデータベースに対して、リサーチやリクルーティング等のサービスを行っております。

シニアデータベースの基本属性

シニアデータベースの基本属性

詳細のPDFはこちら

シニアデータベース構築方法

GFが独自開発したアウトバウンドIVRセンターにより、創業時より行ってきた各種リサーチを通じて蓄積したノウハウをベースに、シニアデータベースを構築しています。具体的には、IVRシステムが音声ガイダンスを自動発信し、聞き手から電話機のプッシュボタンにより回答を得る手法です。

又、電話帳データを元データとして使用していますので、定住性が高いシニア世代に効率的にアプローチすることができ、シニアデータベース世帯の年代層は、50歳以上が全体の80%以上を占めております。

シニアデータベース構築方法

 » シニアマーケットの現状

 » シニアの多様性と情報流について

 » シニア世代のIT利用について

 » シニアデータベースについて

  • Go To Top

  •